新型EV、国内初公開 トヨタ、本格展開へ

産経ニュース
トヨタ自動車の新型EV「bZ4X」=10日午後、横浜市
トヨタ自動車の新型EV「bZ4X」=10日午後、横浜市

トヨタ自動車は10日、2022年半ばから世界各地で順次発売する新型の電気自動車(EV)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の試作車を横浜市で報道向けに国内初公開した。EV専用の「bZ」シリーズの第1弾で、脱炭素に向けて需要拡大が期待されるEVの本格展開に乗り出す節目となる。

bZ4Xは、スポーツタイプ多目的車(SUV)で、全長は約4・7メートル、幅は約1・9メートル。SUBARU(スバル)と共同開発したEV専用車台を採用し、ゆとりのある足元をはじめ広い室内空間を確保した。前輪駆動タイプは1度の充電で500キロ前後走行できる。

トヨタは脱炭素対応で、ハイブリッド車(HV)など多様な電動車を用意する戦略の一環としてEVを強化。bZ4Xは4月に中国で世界初公開した。日本や北米、中国、欧州などで発売を予定し、価格は未定。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人