なるか満票1位 エンゼルス大谷MVP当確!!19日8時発表

サンスポ
エンゼルスの大谷翔平=ヒューストン(共同)
エンゼルスの大谷翔平=ヒューストン(共同)

【カールスバッド(米カリフォルニア州)8日(日本時間9日)=山田結軌、竹濱江利子通信員】米大リーグ機構(MLB)は専門局MLBネットワークの番組内で今季の各賞の最終候補3人を発表し、投打の二刀流で歴史的な活躍を見せたエンゼルス・大谷翔平投手(27)がア・リーグ最優秀選手(MVP)の最終候補に入った。日本選手では2001年のイチロー(マリナーズ)以来となる選出が確実視されており、MVPの結果は18日(同19日午前8時)からの番組で発表される。

当選確実だ。MVPの最終候補3人に入った大谷。最終候補が発表された専門局MLBネットワークの番組内でも「MVPは確実」とのトークが展開された。

■解説者レイノルズ氏絶賛「今まで見たことない」 マリナーズなどでプレーした解説者ハロルド・レイノルズ氏は「今まで見たことがないし、これからも見られないかも」と絶賛。「あり得ないと思うぐらいだ。球速、スピード、パワー、全てを持っている」と話した。全米記者協会の会員30名の投票で決まる同賞だが、全員が大谷に1位票を投じるかが焦点になりつつある。

投手で9勝2敗、防御率3・18、156奪三振。打者では打率・257、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁と二刀流で席巻した。最終候補に入った対抗馬は48本塁打で本塁打王のゲレロ(ブルージェイズ)と45本塁打のセミエン(同)。〝二刀流票〟が大きなアドバンテージで、仮に1位票が満票となれば2015年のハーパー(ナショナルズ)以来の快挙となる。

大谷は現役選手が投票して選出する大リーグ選手会の選手間MVP、コミッショナー特別賞も受賞。各リーグで傑出した打者を選ぶ「ハンク・アーロン賞」(日本時間10日発表)、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞(同12日発表)でも最終候補に残っている。

■大谷「まだまだ上にいける」 「(オフの)トレーニング自体はもっともっとハードなものにしたい。まだまだ上にいけると思っているので」と話した大谷。日本選手では2001年のイチロー(マリナーズ)以来となるMVPの結果は18日(同19日午前8時)に発表される。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は