争点判断が量刑に直結せず…「苦しい評議」で無期判決

産経ニュース
久保木愛弓被告に無期懲役の判決が言い渡された横浜地方裁判所=9日午前
久保木愛弓被告に無期懲役の判決が言い渡された横浜地方裁判所=9日午前

横浜市の旧大口病院(現・横浜はじめ病院、休診中)で入院患者3人が殺害された点滴中毒死事件で、横浜地裁は9日、元看護師の久保木愛弓(あゆみ)被告(34)に完全責任能力があったと認めた上で、無期懲役を言い渡した。3人もの命が奪われ、被告の責任能力も認定されたケースでは異例の判断となった。

「苦しい評議でした。慎重に、本当に慎重に検討しました」

横浜地裁の家令和典裁判長は、久保木被告への説諭の中で、悩みに悩んだ上での死刑回避の判断だったとの思いをにじませ、「生涯をかけて償ってほしいというのが、裁判所が出した結論です」と、更生を願う言葉をかけた。

刑事責任能力の程度が最大の争点となった一方、その判断が量刑に直結しなかった今回の判決。地裁が最も重視したのは、被告がなぜ患者の殺害に及んだのかという犯行の過程だった。

判決では、発達障害の一種である自閉スペクトラム症の特性があった被告は臨機応変な対応を行うという看護師に必要な資質がなかったと指摘。「終末期医療を中心とする病院であれば自分でも務まる」と考え、旧大口病院に勤め始めたが、患者の家族から怒鳴られたことで強い恐怖を感じ、鬱状態になったとした。

消毒液の混入を繰り返した理由については「一時的な不安の軽減を求めて、『担当する患者を消し去るしかない』と短絡的な発想に至った」と説明。こうした犯行動機の形成過程には「本人の努力ではいかんともしがたい事情が色濃く影響しており、被告のために酌むべき事情といえる」とした。また、公判の経過とともに被告が贖罪(しょくざい)の意思を深めたことも、量刑上重視すべきポイントに挙げた。

被告は公判で、犯行当時は罪悪感や後悔の気持ちがなかったことなど、自分に不利な内容も素直に供述したと認定。「被告人質問では『償いの仕方が分からない』と述べていたが、最終陳述では『死んで償いたい』と述べるに至った」とし、更生の可能性があると評価した。

判決について、甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)は「看護師としての専門知識を利用して計画的に殺害した残虐な犯行は死刑に値し、無期懲役とした点は異例だ」と指摘。一方で「(被告が抱えているような)障害を受け入れる社会的基盤が足りない点などを考慮しており、市民の良識を生かせる裁判員裁判ならではの死刑回避の手法を示したもので、画期的だ」と評した。

神奈川大の白取祐司教授(刑事訴訟法)も「予想外の判決」としつつ、「被告の成育状況も含め、犯行に至る過程を相当重要視しているのが特徴的だ」と分析。裁判員裁判で丁寧な評議が行われた痕跡も読み取れるとし、「裁判所が、検察側と弁護側いずれの枠組みにも乗らずに結論を導く『第3の道』を取ったといえる」と話した。

一方、犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務局長の高橋正人弁護士は、「過去の量刑の相場から考えると、明らかに死刑が妥当な事例だ」と指摘、「看護師が人の命を奪ったことが社会に与えた影響も判決では触れられておらず、検証が不十分」とした。

判決を受け、横浜地検の安藤浄人次席検事は「内容を精査し、適切に対応したい」とコメントした。

元看護師、反省も「真相」は語らず 点滴連続中毒死公判

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」