虎将トーク②

「すごく悔しい」でも「後悔はありません」2位&CS敗退に阪神・矢野監督

サンスポ
オーナー報告を終え会見に臨む阪神・矢野監督=大阪市内の阪神電鉄本社(撮影・水島啓輔)
オーナー報告を終え会見に臨む阪神・矢野監督=大阪市内の阪神電鉄本社(撮影・水島啓輔)

3年契約を結んでいた阪神・矢野耀大監督(52)が9日、大阪市内の阪神電鉄本社で、藤原崇起オーナー兼球団社長(69)=阪神電鉄本社会長=に今シーズン終了の報告を行い、正式に来季の続投が決まった。報告終了後の会見の内容は以下の通り。

ーー続投発表もあったが、来季に向けての話も

「そうですね。3年間、できていることも言って頂きましたし、僕としても来季、何とかその期待に応えたいという気持ちになりました」

ーー首位ヤクルトとゲーム差なしの2位。今季を振り返って

「本当に開幕すごくいいスタートを切れましたし、交流戦が終わるぐらいまでですかね、本当に目指す野球というか、そういうものは本当によくできましたし、オールスター、交流戦以降は本当にチーム全体が調子も下がってしまいましたので、僕的にはずっと首位にいたので、苦しいというか、勝つのって大変だなというのも実感させてもらいましたし。でも10月には、またみんな本当にいい粘りを見せてくれたんで、そういうところではチーム全体の底上げというか、全員のチーム一丸となって戦う、そういうものはできたかなと思っています」

(さらに続けて)

「ただ、このゲーム差のないシーズンだったということを思えば、僕自身なにか采配であったり、かける言葉であったり、なにかできることがあったんじゃないかなってことはすごく思いますし、だからこそすごく悔しいですし。でも選手もそうですけど、僕も目の前の試合へ全力でやりきってきましたので、そこに対する後悔はありません。全員で何とか勝ちたいという思いで戦いきった。ただそこで勝ちきれなかったというチームとしての成長と、僕の成長。それが必要だなというところは身をもって感じることです」

ーーどのあたりが成長できたか

「1年目から競争というところを僕は大事に、やっぱりチームが強くなる上では競争があってこそ、同じユニホームを着てますけど、やっぱりみんなライバルで、ポジションを争っていくメンバーなんで、それぞれ競争というのはずっと言ってきてますけど、そういうところでは今年はルーキーがね、その競争にすごく入り込んできてくれたシーズンだったんで」

(さらに続けて)

「前より一層競争が激しくなってチーム全体としても先程も言ったように底上げができてきましたし。僕も含めて、コーチ陣も、僕は失敗を恐れたり挑戦しないのは僕たちの野球じゃないんでね。失敗してもどれだけ次チャレンジできるか、それを僕たちがどれだけ背中を押していけるか。そういうのをこの3年間ずっとやってきましたし、それが見ている人をワクワクさせてり、喜んでもらえたり、また、選手が成長して、チームが強くなることだと思っているので、3年間それもやり切って来ましたので、引き続き、来季以降も、選手たちの背中を押しながら、やっていきたいと思っています」

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは