週末、山へ行こう

間近に眺める富士の雄姿 足和田山(山梨県) 標高1355メートル

zakzak
紅葉台の展望台から富士山の眺め。眼下に青木ヶ原樹海が広がる
紅葉台の展望台から富士山の眺め。眼下に青木ヶ原樹海が広がる

今年は例年より、冬の訪れが早いのだろうか。富士山は既に頭に雪を被っている。天気のよい日、澄んだ青空と真っ白な富士山を眺められるとソワソワしてしまう。遠くの山から見る富士山も感動があってよいのだが、近くから雄大かつ秀麗な山姿を見上げるのもいい。

富士五湖の湖畔に連なる低山は、富士山を見るのに絶好だ。気持ちよく山を歩いて山の頂や展望ポイントに立てば、素敵な山姿を間近に眺められる。青々と水をたたえた湖も富士山の姿に彩りを添える。

河口湖と西湖の南側にそびえる足和田山は、富士見ハイキングが手軽に楽しめる山だ。足和田山、三湖台、紅葉台と絶景ポイントをつないで歩くのが楽しい。河口湖、西湖の湖畔、さらに国道139号沿いから足和田山へ登ることができる。急坂をまじえながら樹林を登り切り、山頂へ。木々に覆われているが、木造の展望台に立てば富士山が眺められる。足和田山は「五湖台」の別名があるが、富士五湖全部は眺められない。木々の間から河口湖が見える程度だ。

さらに東海自然歩道を進んで三湖台へ。今の時期は紅葉した木々を眺めながら、のんびりと歩くことができる。広々とした頂上は足和田山より眺めがよく、富士山や周りの山々が見渡せて爽快だ。眼下には西湖、精進湖、本栖湖が美しい。3つの湖が一度に見渡せるのが「三湖台」の名前の由来だ。

さらに進んで紅葉台へ。レストハウスの展望台からは裾野を広げる富士山、麓には青木ケ原樹海が深い森を広げているのが眺められる。展望ハイキングの締めにふさわしい絶景だ。

以前訪れたときは、紅葉は見頃であったが天気がいまひとつで、富士山も黒々としていた。今年は青空の下、赤く色づいた木々の向こうに真っ白い富士山が眺められるだろうか。

* * *

■登山にあたっては、入山可能か(来訪・入山自粛要請が出ていないか)、登山道の状況、バスの運行などを最新のデータでご確認ください。山行中は、歩行時に他の登山者との間隔をあけるなど新型コロナウイルス感染予防を心がけましょう。

■足和田山おすすめルート

一本木バス停…足和田山…三湖台…紅葉台…紅葉台入口バス停歩行時間 約2時間40/難易度★★(最高難易度★★★★★)

■コースガイド

富士急行富士山駅からバスで登山口へ。山頂までは見晴らしのあまりない樹林のなか、急な登りが続く。足和田山では木造の展望台に登って展望を楽しみたい。足和田山から三湖台までは自然歩道と林道を交えながらの心地よい歩き。紅葉台にも足を延ばしたい。

■おすすめシーズン

1年を通じて歩くことができる。新緑は5月、紅葉は10月下旬~11月半ば。冬は若干の降雪、積雪の場合がある。

■西野淑子(にしの・としこ) オールラウンドに山を楽しむライター。日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。著書に「東京近郊ゆる登山」(実業之日本社)、「山歩きスタートブック」(技術評論社)など。NHK文化センター「東京近郊ゆる登山講座」講師。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病