吉沢亮、NHK大河ドラマ「青天を衝け」クランクアップに「最後まで走り抜けられた」

iza
大河ドラマ「青天を衝け」をクランクアップした吉沢亮 (C)NHK
大河ドラマ「青天を衝け」をクランクアップした吉沢亮 (C)NHK

NHKは9日、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」で、主人公の渋沢栄一役を演じる俳優、吉沢亮が前日の8日にクランクアップしたことを発表した。

同局によると、吉沢は昨年7月末にクランクイン。コロナ禍のなか、約1年4カ月にわたってこの役を演じた。最終回の放送は12月26日(第41話)で、栄一が「日本を守る」という強い意志を胸に世界へ飛び出し、すべての人が手を取り合うために挑戦を続ける姿などが描かれるという。

吉沢は同局を通じ、「約1年半の撮影期間でしたが、本当にたくさんの事を学ばせていただいて、そしてすてきな出会いをたくさんさせていただいてすごく自分にとっていい経験になりました」とコメント。そのうえで視聴者に対し「そして何より『青天を衝け』を見ていただいている皆さんが応援してくれたことで、最後まで走り抜けられたのかなと思います」とお礼を述べ、「撮影は終了いたしましたが、栄一たちの物語はまだまだ続きます。最後まで見守っていただけたらうれしく思います」と呼びかけた。

また、制作統括の菓子浩さんも、コロナ禍での収録を「大森美香さんの力強い脚本を道しるべに、キャスト、スタッフ、みんなの力を結集して進んでまいりました」と回顧。吉沢については「13歳から91歳までの渋沢栄一を演じて頂きました。恐らく大河史上最長ではないでしょうか?志士から幕臣、新政府から実業家、どのステージの栄一もとても魅力的で圧倒されました。自分たちの作っているドラマなのに、その主人公の言葉や行動に勇気づけられるという経験を何度もしました」などと述べ、最大級の賛辞を送った。今後の展開については「最終回まで渋沢栄一は走り続けます」と訴え、「どうぞ最後まで『青天を衝け』をよろしくお願いします」と強調した。



  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故