「理念明確に」維新副代表が苦言 10万円相当給付めぐり

産経ニュース
日本維新の会の吉村洋文副代表=9日午後、大阪府庁
日本維新の会の吉村洋文副代表=9日午後、大阪府庁

日本維新の会の吉村洋文副代表(大阪府知事)は9日、政府・与党が検討している18歳以下に10万円相当を給付する新型コロナウイルス禍での経済対策について「18歳で区切る意味がよく分からない。制度の根本的な理念をはっきりさせるべきだ」と苦言を呈した。府庁で記者団に語った。

吉村氏は「多額の財源を使うので、説明責任も重くなる。制度の趣旨、理念を国民に伝えて、理解を得る必要がある」と強調。「子供の支援なら、継続しなければ意味がない。一時的であれば、子供のあるなしに関係なく支援すべきだ。コロナで生活が厳しくなった人に支給するというのでなければ、理解を得られないと思う」と述べた。

■苦悩深める公明 目玉公約の10万円「一律」給付

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに