首都圏版、「商業施設の集客力」ランキング 3期連続の1位は?

ITメディア
日経リサーチは首都圏版の「商業施設の利用実態調査」を発表した(画像:ゲッティイメージズより)
日経リサーチは首都圏版の「商業施設の利用実態調査」を発表した(画像:ゲッティイメージズより)

日経リサーチ(東京都千代田区)は11月9日、首都圏版の「商業施設の利用実態調査」を発表した。1都3県の商業施設(一部圏外の大型アウトレットを含む)約700カ所を対象に実施。集客力ランキング1位は2020年秋、21年春の調査に続き「西武池袋本店」となった。

同社は、西武池袋本店について「昨年、食品・惣菜の買い物を目的に練馬区など、私鉄や東京メトロを利用した近距離からの来店が増えた。一方、今回の調査では埼玉県からの来店や、飲食目的での来店が増加しており、コロナ前の商圏に戻りつつある」と分析している。

2位は「御殿場プレミアムアウトレット」、3位は「渋谷ヒカリエ」となった。4位以降は「伊勢丹 新宿店」「そごう 横浜店」「ヨドバシAkibaビル」と続いた。トップ10には1都3県外のアウトレット施設が2つランクインしている。

同社は「コロナ禍で長距離の旅行が難しい中、東京から車で90分前後と近く、屋外型で子供連れや友人と安心して楽しめる場所として集客力を発揮した。また、『そごう 横浜』も12位から5位に浮上しており、東京以外の施設の上昇が目立つ」とコメントした。

「ワクワクした気持ちになれる」などの経験価値ランキングも調査

集客力上位100施設について、「施設を訪れてどんな印象を持ったか」(経験価値)を調査した。今回順位を上げた「御殿場プレミアムアウトレット」「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は「解放感を得られる」ランキングで上位に入る結果に。

集客力トップ10に入った施設はこのほか、「贅沢な気分を味わえる」「自分の視野や知識を広げてくれる」などの評価が高かった。

同社は「コロナ禍でも感染の不安を感じずに楽しめる環境や、自粛生活の中で非日常感を味わえたり、自分をアップデートできたりすることが集客につながっている」とランキングを分析している。

調査は首都圏在住の約1万4000人を対象に9月に実施。1都3県の商業施設約700カ所(一部圏外の大型アウトレットを含む)の利用状況などからランキングを作成した。

関連記事
  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走