ベトナム戦の森保Jに試練 欧州組搭乗機が遅延トラブル

産経ニュース
ベトナム戦に向け、調整する日本代表イレブン=ハノイ(共同)
ベトナム戦に向け、調整する日本代表イレブン=ハノイ(共同)

サッカー日本代表は11日、ハノイでワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組のベトナムと対戦する。9日は遠藤航(シュツットガルト)ら12人が合流し、現地で練習。午前にオランダから現地入り予定だった吉田(サンプドリア)や冨安(アーセナル)ら欧州組11人を乗せたチャーター機は、給油先のロシアで遅延トラブルに見舞われた。

当初は試合前々日となる9日の練習までに全員がそろう予定だった。主力を乗せた欧州組の到着遅れで計画は狂い、全員での本格的な練習は10日のみとなった。ベトナム戦はほぼ〝ぶっつけ本番〟となる。

9、10月は2連戦の初戦を落とした。長距離移動による疲労に加え、時差対応を含め短期間で状態を整える難しさが浮き彫りとなった形だ。しかも今回は、現地への厳しい渡航制限の影響で、欧州組の一部は日本を経由してから現地入りする必要まであった。

大移動を強いられた浅野(ボーフム)は「正直に言うと厳しかった」と疲れた顔。それでも、「まずは個人の力を100%出して、11人が合わさったときにチーム力が上がればいい。時間がないことは言い訳にしかならない」と受け入れる。

B組4位と崖っぷちの日本は、アウェーとはいえ勝利が必要。森保監督には、これまで以上に選手の状態を見極めた采配が求められる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病