村上茉愛が引退会見「体操に出会えて良かった」

産経ニュース
会見後、東京五輪の写真と共に記念写真におさまる村上茉愛=横浜市青葉区(撮影・蔵賢斗)
会見後、東京五輪の写真と共に記念写真におさまる村上茉愛=横浜市青葉区(撮影・蔵賢斗)

今季限りで現役を退いた体操女子のエース、村上茉愛(日体ク)が8日、練習拠点としてきた横浜市の日体大で引退会見を開き、「体操に出会えて良かった。体操じゃなかったら、ここまで目標を持って生活していなかったかもしれない。本当に楽しかった」と心境を語った。

最後の試合となった北九州市での世界選手権から2週間。これまでは練習時間外も自身のコンディションに気を配っていたが、現在は「明日の練習のことを気にせず、気楽に生活できている。すごく良く眠れるようになった」という。

種目別床運動で世界選手権の金メダル、東京五輪の銅メダルを獲得した25歳は、すでに日体大のコーチとして活動を始めており、「(次世代の女子選手に)同じようにメダルを取った喜びを味わってほしい。いずれは日本代表選手に関わっていきたい」と次の目標を語った。

今後は指導関連の資格を取得したり、ダンスを習って選手の振り付けも担当できるようになるなど、指導者としての幅を広げていく考えを示した。

>「引退、東京五輪前に決めた」 体操人生振り返る

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走