ロッテ、山口のパCS最年少弾でドロー突破 前日最年少サヨナラ打・佐藤都に続きまた若手躍動

サンスポ
山口が力強くガッツポーズ! 六回、CS初本塁打を放った (撮影・桐原正道)
山口が力強くガッツポーズ! 六回、CS初本塁打を放った (撮影・桐原正道)

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージは、レギュラーシーズン2位のロッテが3位・楽天に4―4で規定により九回表終了コールドゲームで引き分けた。対戦成績を1勝1分けとしてオリックスと対戦するファイナルステージ(10日開幕、京セラ)進出が決定。〝球界の俳人〟こと3年目の山口航輝外野手(21)がパ・リーグCS最年少弾を含む3安打2打点と打線をけん引した。

皮がずるむけとなった左の手のひらを見せながら=写真(下)、21歳2カ月の山口は冗談とも本気ともつかない言葉をつぶやいた。

「一日でも長く野球(=試合)をして、秋のキャンプが一日でも短くなるように…」

二回の第1打席で中前へ運ぶと、1―2の四回に岸のチェンジアップを狙って同点の左越え適時二塁打を放った。続く2-2の六回には安楽の148キロの直球を逆方向に飛ばして右翼ポール直撃のソロ本塁打。同僚の安田が昨季に21歳6カ月で放ったパ・リーグCS最年少弾記録を更新した。

努力は噓をつかない。チームがオフだった今月1日。第1戦でサヨナラ打を放った佐藤都らとともに一日限定のミニキャンプに参加。5時間以上もバットを振り続けた。翌日以降も井口監督から1日1000スイングをノルマに課されたことで、当然ながら、マメは潰れて皮はベロンベロン。あまりの激痛と傷口がしみるため、入浴の際も手袋をつけて湯船に浸かった。今もテーピングを四重、五重にした上に打撃用手袋をはめて打席に立っている。

1年前はさいたま市のマリーンズ寮でテレビの前でCSを観戦し、同期入団の藤原らの活躍に羨望のまなざしを送っていた未完のスラッガー。今季に待望の1軍デビューを果たしたが、78試合で打率・207、9本塁打。それでも、CSでは2戦連続で先発起用され「しびれる舞台を経験させてもらって感謝しています。本塁打は最高に気持ちよかった」と振り返った。

故郷・大阪で開催されるオリックスとのファイナルステージ。短期決戦に欠かせないラッキーボーイとなった山口は「勝ち上がるには若い力が必要だと思う」と胸を張った。13歳のときに伊藤園主催「お~いお茶 新俳句大賞」で佳作特別賞を受賞した〝球界の俳人〟は最後に一句を詠んだ。

「秋の夢 心はひとつ 日本一」(東山貴実)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿