「真犯人フラグ」 桜井ユキが演じる「菱田さん」に疑惑集中 しいたけつながりで「刑事と半同棲してた?」との推察も

iza
桜井ユキ(撮影・蔦野裕)
桜井ユキ(撮影・蔦野裕)

俳優の西島秀俊が主演を務める連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第4話が7日、放送され、女優の桜井ユキ演じる菱田朋子に視聴者からの疑惑の目が集中した。朋子は、主人公と同じマンションに住むシングルマザーで、放送中から「菱田さん」がツイッターでトレンド入りするなど、盛り上がりを見せた。

SNSで考察ブームを巻き起こした2019年の同局系ドラマ「あなたの番です」のスタッフが手がける同作は、西島演じるごく普通の真面目なサラリーマン・相良凌介が、家族が失踪したことで日本中から疑惑の目を向けられつつ、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいくミステリーだ。

7日放送の第4話では、凌介(西島秀俊)が妻の真帆(宮沢りえ)の保険金の受取人になっていることがネットで拡散される。凌介の勤め先である亀田運輸では苦情電話がますます増え、大阪の本社にまで抗議が殺到。凌介は本社命令で、釈明の記者会見を開くことを余儀なくされる。

記者会見当日、会場には多くのマスコミが集結。生中継もされる中、凌介は報道陣からの質問に丁寧に答えていくが、SNSに投稿された「炊飯器旦那の不倫現場発見」という画像について疑惑を追及される。その画像は、失踪事件当日に凌介が駅で葬儀社スタッフの本木陽香(生駒里奈)に人違いされた様子を撮影したものだった。凌介はキッパリと否定し、不確かな情報源をただすことで疑惑を収められたかに思われた。しかし、会見終了直前、凌介を差出人として冷凍便で送られ、宛先不明で戻ってきた冷凍遺体についての質問が投げかけられる。これは凌介などごく少数の関係者と警察しか知らないはずの情報だが、凌介に関する陰謀論動画を投稿し続けるYouTuberのぷろびん(柄本時生)が何者かから情報提供を受け、会見中に動画でアップしたのだった。警察に口止めされている凌介が答えを躊躇しているうちに、凌介の上司、太田黒芳春(正名僕蔵)らによって会見は強制終了され、報道陣からは怒号が飛ぶ。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走