日ハム吉村前GM「中田翔暴力問題を追及した記者に激怒」事件の全貌

ポストセブン
就任会見に登場した日本ハムの新庄剛志新監督(時事通信フォト)
就任会見に登場した日本ハムの新庄剛志新監督(時事通信フォト)

新庄剛志監督・稲葉篤紀GMタッグが誕生した日本ハム。しかし、禍根を残すのが8月に発生した中田翔暴力問題の事後処理だ。いまだ球団として公に説明する場を設けていないことを巡り、フロントのトップと記者たちの間で衝突が起きていた。

11月2日、栗山英樹監督が退任会見を行なったが、10年にわたる栗山政権でGMとして編成を担った吉村浩氏は統括本部長として、フロントの中枢に残ることになった。新庄新監督も「吉村前GMの力も、ものすごく大事になってくる」と語り、その手腕に期待を込めている。

だが、吉村氏の残留が発表されると、ネット上には〈勝てない責任は監督やコーチで、フロントは知らんぷりというのは違うのではないか〉と、3年連続Bクラスの編成上の責任を問う声が挙がった。さらに、ファンが強い不信感を抱くのは8月に発生した中田翔の暴力問題に関する事後対応だ。同僚選手に暴力を振るった問題で日本ハムから無期限出場停止処分を受けながら、巨人へのトレードで“無罪放免”となった経緯は球界内外を揺るがす大事件だったが、中田は移籍先の巨人で会見を開いたものの、日本ハムはHPで川村浩二球団社長名義の謝罪文を公開し、川村氏が稲葉GM就任会見で一言触れたのみ。栗山監督は取材に対応してきたが、トレードの責任者である吉村氏はこれまで公の場で説明していない。〈いまからでも会見を開くべきでは〉という声は根強い。

この中田の暴力問題を巡って、吉村氏と記者陣がぶつかったのは10月10日の都内ホテルでのことだった。現場にいた記者が語る。

「この日は翌日のドラフト会議に向けた最後の編成会議が開かれていました。会議後、吉村氏と球団広報が囲み会見を開き、ドラフトの方針を説明する予定でした」

吉村氏はドラ1指名について「最もポテンシャルが高い選手」と語り、選手名については明言を避けた。会見が切り上げられようとした矢先、ある新聞社の記者が口にした質問に吉村氏が顔をしかめたという。前出・記者が続ける。

「記者が、中田の暴力問題について『球団の対応は終わりなのか』と聞くと、吉村GMは『どういうこと?言っている意味が分からない』と怪訝な顔で返答した。今後の謝罪会見の有無について問われると、吉村氏は『なにを説明する会見なんだ』と返す。会見場に不穏な空気が流れると、同席していた広報からはレコーダーの電源を切るように言われました」

吉村氏が「では平沼(翔太・8月22日にトレードで西武に移籍)の際にも会見をしろと言うのか」と語尾を強めると、記者も負けずと「2つのトレードは事情が違う。中田には暴力があった」と返す。

「押し問答に業を煮やした吉村氏は広報に、暴力事件について、記者が所属する新聞社から取材申請がきていたかを確認し、広報は『同社からは取材申請はなかった』と説明しました。記者は広報を通じて、吉村氏に取材申請を行なっていたと言いたいようでしたが、どちらの言い分が正しいのかは分かりません。その後、吉村氏は『取材申請があったらちゃんと答えた』『直接聞いてないことを記事にするのはおかしい』と言い、広報も『勝手に記事にされては困る』と念押ししました。球団にとって中田の暴力問題はもう終わりにしたい話題だったのでしょう。

双方のヒートアップは止められず、吉村氏は『(ほかの記事で)選手への敬意が足りない』と言うや、記者は『そんなことはない』と言い返す。溝は埋まらないまま、会見はお開きになりました。広報からは『この話の取り扱いには気をつけるように』と、注意が入りました」(前出・記者)

球団にこの日のやり取りについて聞くと、「ドラフト会議直前の大事な時期にドラフトとは全く関係ない質問を当該記者が繰り返したことに端を発したやりとりと聞いております。尚、当該記者とは取材直後から今に至るまでわだかまりは一切、ありません」と回答した。

関連記事
  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは