阪神、リクエスト実らず…梅野の捕ゴロに矢野監督が要求も判定覆らず

サンスポ
五回、リクエストする阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
五回、リクエストする阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・村本聡)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、阪神-巨人、7日、甲子園)阪神・矢野燿大監督(52)は2―3の五回にリプレー検証を要求したが判定は覆らなかった。指揮官がビデオ判定を求めたのは五回2死二塁での梅野の打席だった。巨人・戸郷の6球目が内角高めのコースにいき、梅野は球を避けようと腕を引いたが、バットのグリップに当たり、そのまま捕ゴロでアウトとなった。

しかし、五回終了のグラウンド整備が入ったところでベンチの矢野監督が「(梅野は)ヒット・バイ・ピッチ(死球)ではないか」と審判団にリクエストを要求したが、バットに当たりインプレーだったという判定は変わらなかった。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」