中継ぎ登板の阪神・伊藤将「とにかく無失点で抑える気持ちで投げた」

サンスポ
投球する阪神・伊藤将=甲子園球場(撮影・村本聡)
投球する阪神・伊藤将=甲子園球場(撮影・村本聡)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、阪神-巨人、7日、甲子園)2番手としてマウンドに上がった阪神・伊藤将司投手(25)が1回⅓を無失点で切り抜けた。

「ピンチの場面でしたが、とにかく無失点で抑えるという気持ちで投げました。無失点で次につなぐことができてよかった」

先発の青柳が三回に2-3と逆転を許し、なおも2死一、三塁でマウンドへ。亀井に四球を与え、満塁となったがウィーラーを中飛に仕留めた。四回も無失点で切り抜けた。

先発として新人ながら10勝をマークした左腕はファーストステージは中継ぎ待機。慣れないマウンドでもしっかりと仕事を果たした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は