青学大、史上最少8秒差で2位/全日本大学駅伝

サンスポ
2位でゴールする青学大のアンカー・飯田貴之=伊勢神宮
2位でゴールする青学大のアンカー・飯田貴之=伊勢神宮

全日本大学駅伝(7日、名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ)

駒大が5時間12分58秒で2年連続14度目の優勝を飾った。青学大が8秒差の2位。史上最少のタイム差で決着した。

最終8区で一騎打ちとなった勝負は、残り2キロまでもつれた。駒大の花尾恭輔(2年)がスパートをかけ、青学大の飯田貴之(4年)を振り切った。(記録は速報値)

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」