忘年会解禁に意欲満々の上司がヤバい理由 「職場の一体感」の裏に透けるもの

ポストセブン
忘年会解禁の動きが広がっている
忘年会解禁の動きが広がっている

コロナの感染者数が激減し、社員の出社率を徐々に戻す企業も増えてきた。年末には状況を見ながら「忘年会」を解禁しようと計画する組織もあるが、「コロナ禍を機に、職場の上司・部下の関係や年中行事のあり方を見直すべき」と指摘するのは、同志社大学政策学部教授の太田肇氏だ。

* * *

新型コロナウィルスの感染者が急激に減少し、緊急事態宣言がようやく解除された。

巷では、さっそく忘年会や新年会の計画を立てる動きが見られる。新潟県鶴岡市のように、飲食店への支援や消費喚起という名目で職員に忘年会・新年会の開催を積極的に呼びかける自治体まで現れてきた。

◆参加を強いる同調圧力にうんざり

暗い自粛ムードが少しずつ薄れ、ようやく明るい兆しが差してきたことは喜ばしい。

ところが年中行事の復活に前のめりの経営者や管理職とは対照的に、若者の間からは、「自粛の圧力が去ったかと思えば、こんどは参加の圧力か」とため息交じりの声が聞かれる。

マスコミなどは、最近の若者が職場関係のつきあいや宴会文化を嫌うようになったと強調する。しかし意識調査の結果をみると、意外にも会社の忘年会や新年会を楽しみにしている若者が多い。忘年会や新年会そのものを嫌っているわけではないのだ。

彼らが嫌うのは参加が強制され、そこへ上司・部下というタテの関係が持ち込まれることである。

拙著『同調圧力の正体』(PHP新書)で指摘したように、日本の会社ではたとえ形式上は自由参加でも、参加しなければ人事評価に響いたり、大事な情報がもらえなかったりといった「ペナルティ」が隠れている場合が多い。それが実質的な強制につながるのだ。

そのような宴会を若者が嫌うのは、今に始まった話ではない。昔から若者の多くは、内心では気が進まなくても渋々出席していた。私自身も職場の忘年会を途中で抜け出し、同期生の忘年会に出て憂さ晴らしをした記憶がある。

◆上司の承認欲求を満たす場になっていないか

では、管理職や上司はなぜ、そこまでして忘年会や新年会の開催にこだわり、部下を参加させようとするのか。

「職場の一体感を強めるため」「コミュニケーションが大切なので」といった建前の裏に透けてみえるのは、彼らの承認欲求だ。

会食の場で上司は、無意識のうちに自分の経験や価値観を話題にする。そしてアルコールが入ると自慢話にブレーキがかからず、説教じみた話が熱を帯びてくる。

部下の立場からすると、たとえ無礼講だといわれても上司の話に耳を傾け、あいづちを打たなければならない。忘年会や新年会は上司にとって承認欲求を満たす場だが、部下にとっては満たしてあげる場に過ぎない。

少し踏み込んで考えると、背景には日本の組織や社会に対する一つの誤解があることがわかる。

欧米では管理職は個室に入って仕事をするし、プライベートでも部下とあまり関わりを持たないのが普通である。対照的に大部屋で部下と一緒に仕事をし、飲食も共にする日本の管理職は平等主義的、民主的だと評価されることが多い。

しかし部下と場を共有するからといって、上下関係がなくなるわけではない。特にわが国では、上司と部下の関係は単なる役割上の上下関係にとどまらず、人格的な要素を帯びている。役割の序列は「偉さ」の序列でもあるのだ。

同じ場所で仕事をし、飲食を共にすることで上司は自分の「偉さ」を見せつけられる。場を共有することで「差」が意識させられるのだ。

それでは上司にとって楽しいかもしれないが、見せつけられる部下はたまらない。若手から敬遠されるのも当然だろう。

◆若手主導の「ボトムアップ型」へ切り替えを

いっぽうでは近年、上司も部下も一緒に盛り上がる忘年会・新年会が増えているようだ。共通するのは強制感がなく、参加者の関係がフラットなことである。

若手が中心になって企画し、運営するというボトムアップ型で、どちらかというと管理職は誘われて「参加させてもらっている」という感覚に近い。

定番の管理職による長ったらしいあいさつや乾杯の音頭取りなどはなく、若者のセンスやノリが随所に取り入れられている。イメージとしては大学のゼミのコンパやサークルの飲み会に近い。参加は強制されないにもかかわらず、かえって参加率は高い。

忘年会や新年会に限らず、職場関係のイベントも旧来のトップダウン型と、若手主導のボトムアップ型に二極化する傾向がみられる。

興味深いことに若手社員が積極的で、のびのびと仕事をしている職場は、イベントもたいてい後者のスタイルだ。そして管理職が強調する「職場の一体感」や「良好なコミュニケーション」も自然に生まれている。

若手の自発性を育て、自由闊達な組織風土をつくることを本気で考えるなら、管理職や上司は宴会やイベントの間だけでも承認欲求を棚上げし、若手に「ハレの舞台」を用意してあげたらどうだろうか。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性