ラヴズオンリーユー優勝 ブリーダーズC日本馬初

産経ニュース

米国競馬のブリーダーズカップ(BC)最終日は6日、カリフォルニア州のデルマー競馬場で行われ、牝馬限定のBCフィリー&メアターフ(2200メートル芝、GⅠ)でラヴズオンリーユー(5歳牝馬、川田将雅騎乗)が優勝、GⅠ3勝目を挙げた。日本馬の米国GⅠ勝利は2005年のシーザリオ以来で、ブリーダーズカップ優勝は初めて。

2019年のオークス馬ラヴズオンリーユーは最後の直線で力強く抜け出した。BCマイル(1600メートル芝、GⅠ)に出走したヴァンドギャルド(5歳牡馬、福永祐一騎乗)は12着だった。(共同)

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ