三原舞依、フリー、合計とも自己ベストで4位 好演にも満足せず「世界のトップは強い」/フィギュア

サンスポ
女子フリー 演技する三原舞依=トリノ(共同)
女子フリー 演技する三原舞依=トリノ(共同)

フィギュアスケート・イタリア大会 最終日(6日=日本時間7日、トリノ)女子ショートプログラム5位の三原舞依(シスメックス)がフリー4位の144・49点をマークし、合計214・95点で4位だった。フリー、合計とも自己ベストを塗り替えた。

「大きな歓声が聞こえて、すごく温かい中で滑らせてもらった。パーソナルベストが出たのでうれしかった」と振り返った。4位に入った前週のスケートカナダに続く好演。北京冬季五輪の代表争いに弾みをつけたが、「世界のトップや日本のトップの選手はもっと強い」と満足感はなかった。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗