鍵山優真、SP7位から優勝 「挑戦者」として17・36点差を大逆転/フィギュア

サンスポ
男子で優勝した鍵山優真のフリー=トリノ(共同)
男子で優勝した鍵山優真のフリー=トリノ(共同)

フィギュアスケート・イタリア大会 最終日(6日=日本時間7日、トリノ)男子ショートプログラム(SP)7位と出遅れた鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)がフリー1位で自己ベストの197・49点をマークし、合計278・02点で逆転優勝を飾った。

ジャンプが乱れたSPから巻き返し、トップとの17・36点差をひっくり返した。「挑戦者という立場で挑んだ。できることを一つ一つやって、いい演技ができてよかった」と充実の汗をぬぐった。

男子フリーの演技を終え、ガッツポーズする鍵山優真。逆転優勝した=トリノ(共同)
男子フリーの演技を終え、ガッツポーズする鍵山優真。逆転優勝した=トリノ(共同)

4回転ジャンプはループを回避。3種類4本から2種類3本に減らし、確実に決めた。「ジャンプが決まるたびに『跳べるぞ』『やれるぞ』と気合が湧いてきた。最後にアクセルを降りたときはうれしくて、思わず笑みがこぼれてしまった」と振り返った。

演技前の公式練習後に父でコーチの正和氏から「立場とか成績とか関係なく、ただひたすら練習してきたことを頑張るだけ」と声を掛けられたという。「そこで切り替えることができた」と感謝した。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは