阪神・青柳は中野の失策から撃沈 逆転許す

サンスポ
三回途中で降板する阪神・青柳=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
三回途中で降板する阪神・青柳=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、阪神-巨人、7日、甲子園)阪神・青柳晃洋投手(27)は2回⅔を投げ、5安打3失点(自責0)で無念の降板となった。

二回に佐藤輝と中野の適時打で2点の援護をもらったが、直後の三回にG打線につかまった。先頭の吉川の中野がファンブル。この失策から大城、代打・八百板の連打で無死満塁。続く松原に左前へはじき返されて1点を返された。2死後、なおも満塁で4番・丸に逆転となる2点打を食らい、ベンチからタオルが投げられて投手交代となった。

三回、巨人・吉川の打球をエラーする阪神・中野=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
三回、巨人・吉川の打球をエラーする阪神・中野=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

2番手で登板した伊藤将はいきなり亀井を四球で歩かせたが、ウィーラーを中飛に仕留めて火消しした。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」