巨人・高橋優貴、二回途中2失点KO お得意の虎相手に試合作れず

サンスポ
二回途中で降板する巨人・高橋優貴(左)=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
二回途中で降板する巨人・高橋優貴(左)=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、阪神-巨人、7日、甲子園)第2戦のマウンドを託された巨人・高橋優貴投手(24)が二回途中5安打2失点でKOされた。一回から近本、糸原の安打で1死一、三塁のピンチを招くも、4番・マルテ、大山を連続三振に仕留めた。だが二回は1死二塁から佐藤輝に左中間を破られる適時二塁打を浴び、先制点を献上。その後2死二塁から近本に右前打を許し、原監督は交代を決断。2番手・高木にマウンドを譲った。

6日には「絶対に先に点を与えない、主導権を握らせないように心がけたい」と気合十分だった左腕。今シーズンの阪神戦は無傷の4勝と相性はよかったが、短期決戦の大事な試合で無念の降板となった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は