バイデン大統領、看板政策実現に自信 インフラ投資法案通過、署名へ

産経ニュース
バイデン大統領(ゲッティ=共同)
バイデン大統領(ゲッティ=共同)

バイデン米大統領は6日、総額1兆ドル(約113兆円)規模のインフラ投資法案の議会通過を受けて演説し、近く署名して成立させると述べた。成長戦略のもう一つの柱である1兆7500億ドル規模の大型歳出法案についても可決を「確信している」と述べ、看板政策の実現に自信を示した。

アフガニスタン駐留米軍撤収をめぐる混乱などで支持率が下落していたバイデン民主党政権にとって、野党共和党の一部からも賛同を得たインフラ投資法案は久々の成果といえる。バイデン氏は上機嫌で記者の質問に応じ「歴史的な経済成長になる」と語った。

ただ、法案の下院採決では民主党から6人が造反。同党左派の代表格であるオカシオコルテス議員らが反対に回った。課題が山積する中、今後も厳しい議会運営が予想される。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性