指揮官一問一答

巨人・原監督「先手を取れたところが非常に大きかった」 岡本和欠くもCSファーストステージ突破王手!

サンスポ
巨人・原辰徳監督=甲子園球場(撮影・中井誠)
巨人・原辰徳監督=甲子園球場(撮影・中井誠)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、阪神0-4巨人、巨人1勝、6日、甲子園)レギュラーシーズン3位の巨人が2位の阪神を封じ、ファーストステージ突破に王手をかけた。先発の菅野が7回無失点と好投。左脇腹痛で主砲・岡本和が欠場する中、吉川が先制打、ウィーラーが3打点と活躍した。原監督が試合を振り返った。

--先手を取った

「先手を取れたというところが非常に大きかったと思います。1点目、そして(2、3点目は)2死から3、4、5番で、非常にいい攻撃ができたと思いますね」

--五回の先制点は4番・丸のヘッドスライディングから

「今日は慣れない打順だったかもしれませんけど、非常にバットが振れているということと、(坂本)勇人と丸という(打線の)リズムを崩したくなかったという意味で(4番起用の理由は)その2点ですね。気迫ある打撃と気迫ある走塁だと思いましたね」

--ウィーラーが3打点

「非常に献身的なプレーヤーですし、今日は大きな仕事をしてくれたなと思いますね」

--菅野が7回無失点

「今日は非常にいい投球、切れ味鋭いというかね、いい投球をしてくれたと思います」

--先手を取り、ファーストステージ突破へあと1勝

「一戦一戦という中でね、先勝できたということはありますけれど、また明日は新たなスタートで戦っていきます」

--五回にウィーラーにバントを指示

「次は中島という勝負強い打撃、打者というのもあるしね。相手投手(高橋)からなかなか点を取れていないというところもあるしね。総合的にというところですね」

--吉川も食らいついた

「ええ、見事な打撃でしたね」

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗