阪神、近本が3番スタメン 大山、佐藤輝はベンチスタート

サンスポ
試合前練習 阪神・近本=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
試合前練習 阪神・近本=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、阪神-巨人、6日、甲子園)阪神・近本光司外野手(26)はシーズン終盤に右太もも裏を負傷していたが、4日の練習試合で中堅でスタメン出場するなど順調に回復し、「3番・中堅」で起用された。また、大山悠輔内野手(26)、佐藤輝明内野手(22)はベンチスタートとなった。

両軍のスタメンは以下の通り。

◆阪神

1番・右翼 島田

2番・遊撃 中野

3番・中堅 近本

4番・一塁 マルテ

5番・三塁 糸原

6番・二塁 木浪

7番・左翼 ロハス

8番・捕手 坂本

9番・投手 高橋

◆巨人

1番・右翼 松原

2番・三塁 広岡

3番・遊撃 坂本

4番・中堅 丸

5番・左翼 ウィーラー

6番・一塁 中島

7番・二塁 吉川

8番・捕手 小林

9番・投手 菅野

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…