FC東京、クラブワースト8失点完敗 長谷川監督「悔しさを通り越して情けない」

サンスポ
FC東京の長谷川健太監督=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
FC東京の長谷川健太監督=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

明治安田J1第35節(6日、横浜M8-0FC東京、日産スタジアム)悪夢の8失点…。敵地で大敗を喫したFC東京イレブンは、呆然(ぼうぜん)とピッチに立ち尽くした。

「自分が監督をやっていてこれだけコテンパンにやられたのは初めて。悔しさを通り越して情けない」

完敗。長谷川監督は肩を落とした。前半10分に早々と先制を許すと、同21分、24分に立て続けに失点。同39分にDF森重が2枚目のイエローカードで退場となると、そのPKも決められて前半で4失点。後半にも4点を奪われて、クラブワーストとなる1試合8失点を喫した。

「最後まで応援をやめないでいてくれたことには感謝しかない。(試合後は)サポーターの思いをくんで、残り3試合戦わないといけないと話をしました」と指揮官。ショッキングな敗戦から立ち上がり、残された今季の試合を戦い抜く。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿