選手ら650人以上、馬術除外役員辞任要求 国際近代五種連合に

産経ニュース

国際近代五種連合(UIPM)が現行方式の水泳、フェンシング、馬術、射撃とランニングの5種目から馬術を除外すると発表したことを受け、650人以上の近代五種選手らが同連合役員に辞任を求める文書を提出した。五輪専門サイトが6日までに伝えた。

同サイトが入手した文書によると、決定に関してアスリートや加盟団体への説明がなかったとし「109年の近代五種の歴史を台無しにした」と訴えた。連合は今後の方針を明らかにしていない。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」