10日にコロナ対策外相会、米主催、オンライン形式

産経ニュース
ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)
ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)

ブリンケン米国務長官は5日、新型コロナウイルス対策を協議する外相級会合を、10日にオンライン形式で主催すると発表した。コロナ克服に向けた国際的な取り組みを検証し、ワクチン普及を加速させるための方策について議論する。

バイデン大統領が9月にオンラインで開催したコロナ対策をめぐるサミット(首脳会議)の結果も踏まえ、感染症対策で国際的な指導力をアピールする狙いがある。来年前半に開催予定の第2回サミットの準備も進める。

ブリンケン氏は声明で、将来的なパンデミック(世界的大流行)への備えや、公衆衛生上の危険性を減らす「健康安全保障」の確立に向けた継続的な資金調達の必要性についても、外相級会合で議論するとの見方を示した。(共同)

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償