教えて愛先生「コロナ後」生活急変に克つ食・薬・習・慣

自律神経の乱れやすい秋には「柑橘系×動物性タンパク質」 寒暖差による肉体的なストレスの影響も

zakzak

■自律神経で悩む人の食薬習慣

自律神経を整えるには、「柑橘(かんきつ)系×動物性タンパク質」の組み合わせがおすすめです。

原因がはっきりとしたストレスにより悩んでいる場合には、柑橘系のみかん、レモン、ゆずなどの香りが気の巡りを改善しストレスの解消に役立ちます。また、長期的に病気とは言えない複数の不調で悩む人は、鉄やタンパク質が不足していることがあります。鉄の吸収率の高いヘム鉄を含む鶏肉や豚肉や牛肉などお肉がおすすめです。

柑橘系にはビタミンCが多く含まれますが、鉄の吸収を助けてくれます。簡単に実践できる組み合わせですよね。体調が優れない人は食薬をつかって栄養のサポートを強化してみてはいかがでしょうか。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表