教えて愛先生「コロナ後」生活急変に克つ食・薬・習・慣

自律神経の乱れやすい秋には「柑橘系×動物性タンパク質」 寒暖差による肉体的なストレスの影響も

zakzak
レモン、ゆずなどの柑橘系と㊦焼き鳥など動物性タンパク質を組み合わせてみよう
レモン、ゆずなどの柑橘系と㊦焼き鳥など動物性タンパク質を組み合わせてみよう
その他の写真を見る (1/4枚)

天高く馬肥ゆる秋、真っただ中ですね。空気は澄んで、空は高く感じられるような気持ちの良い気候の中、馬も肥えるような実りの秋であるということですが、秋を満喫できていますか? 新型コロナウイルスとの向き合い方もわかってきて、昨年よりも不安感が少し軽減されているのではないでしょうか。

実は、この「天高く空気が澄んでいること」が、体にも影響しています。

空が澄む=雲が少ないことを表していますが、雲がないことにより日中、心地よく感じる人も多いでしょう。その一方で、夜になると地表の熱をキープすることができず冷え込むということも表しています。つまり、昼夜の寒暖差が大きくなるということです。

極端なときは、15度もの温度差になります。そうなると、人間の体は寒暖差に適応するために自律神経を乱してしまうことがあります。もともと、気圧の変化などで頭痛を起こしやすかった人など頭痛持ちの方は、その頻度が増えているかもしれません。

ということで、今回は自粛疲れと気候の影響で自律神経を乱しがちな人のための食薬習慣を紹介します。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚