ロッテ・小島は楽天との第2戦先発へ「一人でも長く投げられるように」と決意

サンスポ
試合前練習を終え、引き揚げるロッテ・小島和哉 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)
試合前練習を終え、引き揚げるロッテ・小島和哉 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)

ロッテ・小島和哉投手(25)は6日、楽天と対戦する7日のクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ第2戦(14時、ZOZOマリン)の先発に向け「僕の任されている試合はあしたの1試合だけなので、まず、そこでどれだけチームに貢献できるかだと思う。一人でも長く投げれるように頑張りたいと思います」とCS初登板へ意欲をみせた。

早大から入団3年目の今季は、初めて2桁勝利(10勝4敗)を挙げてチームの勝ち頭となった。楽天戦は「今シーズン一番たくさん試合に投げている」と全24試合先発のうち、7試合に登板して3勝2敗。10月27日は敵地で6回を5安打1失点に抑えたが、降板後に逆転負けしてオリックスの優勝が決まった。

左腕は「(楽天は)対策とかも練ってくると思うんですけど、あまり僕は考えすぎないで、いつも通りやればいいかな思っている」とレギュラーシーズンの延長線上と意識。帽子のつばに書いた「強気に攻めろ!」の言葉を胸に、CS初登板初勝利でのファーストステージ突破を狙う。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は