阪神・高橋遥人が痛恨の先制点を献上 CS巨人戦の五回

サンスポ
投球する先発の阪神・高橋遥人=甲子園球場(撮影・村本聡)
投球する先発の阪神・高橋遥人=甲子園球場(撮影・村本聡)

(セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、阪神-巨人、6日、甲子園)第1戦の先発を託された阪神・高橋遥人投手(25)が巨人打線につかまった。三回まで一人の走者も許さない完璧な投球。四回1死から広岡に初安打を浴びたが、続く坂本を二ゴロ併殺に仕留めた。しかし、五回、先頭の丸に二塁内野安打。ウィーラーは犠打、中島が右前打でつなぎ1死一、三塁とピンチを背負った。

ここで吉川尚に中前打を浴び、先制点を献上。今季レギュラーシーズンでは巨人戦で失点を喫していなかった左腕だが、21イニング目に初めてホームを踏まれた。

打線は四回まで巨人の先発・菅野の前にノーヒット。阪神にとって痛い1点となった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病