阪神・青柳、CSファーストステージ第2戦で先発「ベストな投球を」

サンスポ
試合前練習 キャッチボールする阪神・青柳=甲子園球場(撮影・松永渉平)
試合前練習 キャッチボールする阪神・青柳=甲子園球場(撮影・松永渉平)

阪神・青柳晃洋投手(27)が6日、甲子園でショートダッシュなどで調整し、先発する7日の巨人とのクライマックスシリーズファーストステージ第2戦に備えた。

「とにかく勝つしかないので、しっかりベストな投球をできるように頑張るだけ」

今季は25試合に先発し、13勝6敗、防御率2・48と勝ち頭としてチームを牽引。3年連続で規定投球回に到達し、自身初のタイトルとなる最多勝と最高勝率を獲得し、投手2冠に輝いた。巨人に対しては3試合で2勝1敗、防御率2・25と好相性。負けられない一戦を前に「どの打者も油断できない。丁寧かつ大胆な投球を心掛けていきたい」と気を引き締めた。

ファーストステージでは先に2勝したチームがヤクルトとの日本シリーズをかけた対決に進める短期決戦なだけに「ここから1試合も落とさないという気持ち。いつも通り投げる試合は絶対に勝つという気持ちを持って臨んでいきたい」と気合をみなぎらせた。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走