中日・片岡新2軍監督は「じっくりと見てみたい」と若手を徹底観察

サンスポ
選手の動きを確認する中日・片岡篤史2軍監督(撮影・須藤佳裕)
選手の動きを確認する中日・片岡篤史2軍監督(撮影・須藤佳裕)

(中日秋季キャンプ、6日、ナゴヤ球場)第1クール3日目が行われ、片岡篤史新2軍監督(52)が選手たちに熱い視線を送った。

「練習量的には3日間ですけど、よくやれていると思います。特に自分は初めて会う選手が多いですから、外から見ていた印象と実際に話した印象は、また違います。2、3日見てわかるようなものではないですから、もう少しじっくりと見てみたいと思います」

朝から夕方まで続く練習ではグラウンドや室内練習場を往来し、選手の観察に徹した。現役時代に日本ハム、阪神でプレーしたが、中日は新天地。若手を預かる立場となることや、選手に直接指導を行っているコーチ陣へ厚い信頼を置いていることもあり、幅広い視野を持って個々の能力の把握に努めている。

現在は1、2軍の振り分けをせずに練習が行われている。体力強化も図るこの秋季キャンプを経て臨む来春のキャンプから、2軍本体として本格始動することになるが「若い子に関して言えば、体力強化と実戦の繰り返し。地力をつけて、この世界で生きていけるような、1年間戦えるような体力をつけないと、なかなか戦っていけない。そういうことはしっかりと植え付けていきたい」と話した。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」