阪神・矢野監督「失敗を恐れないというのがタイガースの野球」 CS共同記者会見

サンスポ
(左から)巨人・坂本勇人、原監督、阪神・矢野監督、近本
(左から)巨人・坂本勇人、原監督、阪神・矢野監督、近本

「2021 JERA クライマックスシリーズ セ」(6日開幕)の共同記者会見が5日に行われ、阪神から矢野燿大監督(52)、近本光司外野手(26)が出席した。ファーストステージの巨人戦について、矢野監督は「一番はやっぱり失敗を恐れないというのがタイガースの野球。挑戦していくこと。そういうところから突破口が開けて、粘っていける」とポイントを挙げた。

また、6日に行われる第1戦の予告先発が阪神は高橋、巨人は菅野と発表。矢野監督は「今シーズンの少ない登板の中でも、完封含む素晴らしい投球をしてくれている。まずは高橋遥人に託したい」と大きな期待をよせている。

ついに始まるクライマックスシリーズへ。指揮官は「最後の最後まで優勝争いができた分、悔しさは本当に大きい。その気持ちを全部込めた姿勢を皆さんに感じてもらえたら」と意気込んだ。矢野監督がキーマンとして挙げた近本も「シーズン同様に自分たちの野球、矢野野球でしっかりチーム全体で引っ張って。個人的にもチームにいい勢いをつけられるようなプレーができたらいい」と闘志を燃やした。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…