任天堂が大阪にも直営店 来年末、国内2店目

産経ニュース
任天堂はキャラクターを活かした事業を拡大している=大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン「スーパー・ニンテンドー・ワールド」(須谷友郁撮影)
任天堂はキャラクターを活かした事業を拡大している=大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン「スーパー・ニンテンドー・ワールド」(須谷友郁撮影)

任天堂は5日、直営公式グッズ店「Nintendo OSAKA(ニンテンドー・オオサカ)」を令和4年末に大丸梅田店(大阪市北区)に出店すると発表した。国内の直営公式グッズ店は元年11月にオープンした「Nintendo TOKYO(ニンテンドー・トーキョー)」(東京都渋谷区)に次いで2店目となる。

任天堂はニンテンドー・オオサカの店舗概要や商品などの詳細については明らかにしていない。東京の直営公式グッズ店ではゲーム機本体やソフト、周辺機器、キャラクターグッズを販売。イベントやゲーム体験を楽しむことができる任天堂の〝情報発信の拠点〟となっている。大阪でも同様にオリジナルの商品を並べる店舗になるとみられ、詳細は後日公開される。

任天堂は3年3月にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を開業するなど、キャラクターを活かした事業を強化している。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病