森保日本、“川崎産”でアウェー2連戦勝ちきる!三笘薫、旗手怜央を初招集

サンスポ
川崎から欧州へ巣立った三笘が日本の切り札になる!!
川崎から欧州へ巣立った三笘が日本の切り札になる!!
旗手はJ1優勝の翌日にA代表へ初招集された
旗手はJ1優勝の翌日にA代表へ初招集された

日本サッカー協会は4日、W杯カタール大会アジア最終予選のベトナム戦(11日、ハノイ)とオマーン戦(16日、マスカット)に臨む日本代表27人を発表した。初招集のMF三笘薫(24)=サンジロワーズ=とDF旗手(はたて)怜央(23)=川崎=ら、前日3日にJ1で2連覇を果たした川崎に縁ある選手を多数選出。Jリーグ王者の勢いを借りて、2連勝を目指す。

〝川崎産〟の選手たちでアジアを戦い抜く。W杯最終予選突破へ、2連勝が求められる11月のアウェー遠征。森保監督は初招集となったMF三笘に期待を寄せた。

「彼の攻撃力は五輪代表でも武器として使わせてもらった。欧州で力をつけていることも確認できた。アジアの戦いでも力になってくれる」

J1川崎育ちの24歳は東京五輪後、ベルギー1部のサンジロワーズに移籍。10月16日のセラン戦で後半から出場して3得点し、その後は2試合に先発した。ドリブルの切れは健在で、切り札として計算できる。

川崎の2連覇に貢献したDF旗手も初招集。中盤や左サイドバック(SB)をこなせる万能型だ。川崎からは主将のDF谷口、右SBの山根も名を連ねた。2-1で勝利した10月のオーストラリア戦では川崎から欧州へ移籍した守田、田中の抜てきが的中。布陣も2人が古巣で慣れ親しんだ4-3-3に変更され、中盤で息の合ったプレーを見せた。

この2年間で川崎に在籍した選手は、今回6人を数える。「選手が全員そろうのは(初戦の)2日前になる」と森保監督が言うように、準備期間は限られるため、同じクラブで磨いた連係プレーは武器となる。最終予選も折り返し。日本は2勝2敗の勝ち点6でB組4位と出遅れた。「いま置かれている状況は非常に厳しい。W杯出場権を勝ち取るという、強い思いを持って臨みたい」と指揮官。J1を席巻した川崎イレブンとともに巻き返しを図る。(山下幸志朗)

★カズ&ラモスらドーハ組から激励 森保監督は会見で横浜FCのFW三浦知良やラモス瑠偉氏、武田修宏氏から食事会で激励されたと明かした。1994年W杯出場をあと一歩で逃した〝ドーハの悲劇〟をともに経験したメンバー。「思い切って仕事をしてくれ、と伝えられた。W杯に行けると信じて一緒に戦う、と言ってもらった」。残り6試合で因縁の地、カタール・ドーハ行きの切符を手にする。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘