広島・堂林がFA宣言せず残留を表明 「すごく愛着ある」 プロ12年目の鯉のプリンス

サンスポ
国内FA権を行使せず残留すると表明した広島・堂林
国内FA権を行使せず残留すると表明した広島・堂林

広島・堂林翔太内野手(30)が5日、マツダスタジアムで取材対応し、今年10月に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると表明した。契約年数や年俸などの条件面は未定で今後球団と話し合って詰めていく。

「こんな僕でも12年間カープでやらせてもらって育ててもらった。すごく愛着もありますので、カープにお世話になろうと決めました」

シーズン終了からわずか4日でのスピード残留に「8日からの秋季練習が始まりますし、すっきりした気持ちで来年を迎えたかった」と理由を説明した。またフリーアナウンサーで妻・枡田絵理奈さんにも相談したといい「家族も広島という地がすごく好き」と地域への愛着を語った。

中京大中京高3年時に夏の甲子園に優勝し、2010年にドラフト2位で広島に入団した。今季は70試合に出場し、打率・190、0本塁打、5打点だったが、昨季は111試合に出場し、打率・279、14本塁打、58打点。通算では738試合に出場し、打率・241、45本塁打、200打点の成績を残している。

チームは今オフ、10勝を挙げたエースの大瀬良大地投手(30)と同13勝を挙げ最多勝を獲得した九里亜蓮投手(30)が今季国内FA権を保有しており、権利の行使するか否か熟考している。甘いマスクと長打力で人気の高い〝鯉のプリンス〟の残留宣言にカープファンはひと安心しただろう。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…