鳥取強盗殺人で無期懲役 差し戻し控訴審判決

産経ニュース

鳥取県米子市のホテルで男性支配人を襲って現金を奪い、その後死亡させたとして強盗殺人罪に問われた元従業員、石田美実被告(64)の差し戻し控訴審判決で、広島高裁松江支部(久保田浩史裁判長)は5日、無期懲役とした差し戻し後の1審鳥取地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

昨年11月の差し戻し1審判決によると、被告は平成21年9月にホテルの事務所で支配人の頭部を壁にぶつけるなどの暴行を加え、売上金など約27万円を奪い、暴行が原因の多臓器不全で27年9月に死亡させた。

差し戻し前の1審鳥取地裁の裁判員裁判は28年、殺人と窃盗の罪を適用し懲役18年の判決。2審広島高裁松江支部判決は29年、逆転無罪としたが、最高裁が30年、2審無罪判決を破棄して審理を差し戻し、広島高裁も翌年、鳥取地裁に差し戻した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗