新生銀の買収防衛策を支持 米助言会社、対SBI

産経ニュース
新生銀行の看板(東京都中央区)
新生銀行の看板(東京都中央区)

新生銀行に対するSBIホールディングスのTOB(株式公開買い付け)をめぐり、米議決権行使助言会社グラス・ルイスが新生銀の買収防衛策を支持していることが5日、分かった。新生銀の少数株主に不利益が生じる恐れがあるとしている。株主総会で防衛策発動を諮る会社提案への賛同を推奨しており、株主の判断に影響しそうだ。

SBIは今回のTOBで、約20%保有する新生銀株を最大48%まで買い増して新生銀を子会社化する方針。

新生銀は25日に臨時株主総会を開く。防衛策を発動するには過半数の賛同が必要で、SBIは反対するのが確実だ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判