高畑充希、信念貫く主演ドラマの会見で「毎食のごはんは妥協しません」

サンスポ
主演ドラマの会見に登壇した高畑充希
主演ドラマの会見に登壇した高畑充希

女優、高畑充希(29)が5日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたWOWOWの主演ドラマ「連続ドラマW いりびと-異邦人-」(28日スタート、日曜後10・0、全5話、第1話無料放送)の完成報告会見に登壇した。原作は作家、原田マハさん(59)の「異邦人(いりびと)」。京都画壇を舞台に、美術館の副館長を務め鋭い審美眼を持つ主人公の菜穂(高畑)が、天才画家の死やドロドロの人間模様の謎に迫る姿が描かれる。

WOWOWのドラマ会見に出席した左からSUMIRE、風間俊介、高畑充希、松重豊=東京・銀座
WOWOWのドラマ会見に出席した左からSUMIRE、風間俊介、高畑充希、松重豊=東京・銀座

徐々に信念を貫く女性となる主人公にちなみ、司会者からこれだけはぶれないという点を聞かれた高畑は「食いしん坊の父から『あした死ぬかもしれないから、1食1食を大事にしろ』といわれているので毎食、ご飯は妥協しません」とキッパリ。「おいしいものを食べていきたいですから」とほほえんだ。

不気味な画家役を怪演した人気ドラマ「孤独のグルメ」で知られる松重豊(58)も「私も毎食、大事にしたい」と高畑に同感。「今回の作品は今年の夏、京都で撮影したんだけど、(コロナ禍で)どこも午後8時に閉まってしまうので…(困った)。でも、毎食のように食べた京都発祥の『餃子の王将』のテイクアウトは、おいしい! そういう信念を持っています」と力を込め、笑いを誘った。

着物姿で会見した高畑充希
着物姿で会見した高畑充希

会見には菜穂の夫役の風間俊介(38)、天才画家役のSUMIRE(26)も登壇した。

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」