電子通貨、キャラクターで個性 埼玉りそなが実証実験

産経ニュース
キャラクターのイラストがデザインされた電子通貨「サクラタウンコイン」の支払い画面(埼玉りそな銀行提供)
キャラクターのイラストがデザインされた電子通貨「サクラタウンコイン」の支払い画面(埼玉りそな銀行提供)

埼玉りそな銀行は、出版大手のKADOKAWAが運営する大型文化複合施設、ところざわサクラタウン(埼玉県所沢市)で、漫画などのキャラクターのイラストを描いた電子通貨「サクラタウンコイン」の実証実験を始めた。ポップカルチャーの発信拠点と位置づけられるサクラタウンの利用者から、デザイン性を売りにした電子通貨がどう評価されるかを検証する。

実証実験は、KADOKAWA、電機大手の富士通と共同で来年4月10日まで実施する。コインの取り扱いはサクラタウン内の書店「ダ・ヴィンチストア」からスタートし、順次拡大する計画だ。

利用者は現金を支払ってコインをチャージし、5万円まで保有できる。チャージや支払いはスマートフォンで専用サイトにアクセスして行う。現金決済のように、お釣りとして差額分のコインを受け取ることができる。

デザインは、漫画「ケロロ軍曹」のキャラクターや埼玉県のマスコット「コバトン」、りそなグループの「りそにゃ」など5種類。金額は1円から1万円まで9種類あるため、キャラクターとの組み合わせは45通りとなる。

キャラクターはさらに増やしていく予定だ。コインにデザイン性を持たせることで、「どのコインを使おうか」「このコインはとっておこう」といった楽しみを味わってもらうことを狙った。

埼玉りそな銀行は実証実験を通じて地域振興策としての可能性を探る。担当者は「地域振興券は紙のものが大半を占めているが、電子通貨を応用できれば効率化に寄与する」と話している。(中村智隆)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」