年金減額分支払い認めず 広島高裁、控訴棄却

産経ニュース

平成24年の国民年金法改正による年金減額は生存権や財産権を侵害し憲法違反として、山口県の年金受給者170人が国に減額分の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁(横溝邦彦裁判長)は5日、1審山口地裁判決を支持、原告側の控訴を棄却した。改正法は憲法に違反せず、減額処分は適法と判断した。

原告側弁護士によると全国39地裁に起こされた同種訴訟は、これまでに判決が言い渡された30地裁で全て原告側が敗訴しており、2月の仙台高裁でも敗訴。控訴審判決は仙台に続き2例目。

令和2年11月の山口地裁判決は「給付面と負担面で世代間の公平を図り、年金制度の持続可能性を維持する目的で、著しく不合理とはいえない」と判断した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病