年金減額分支払い認めず 広島高裁、控訴棄却

産経ニュース

平成24年の国民年金法改正による年金減額は生存権や財産権を侵害し憲法違反として、山口県の年金受給者170人が国に減額分の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁(横溝邦彦裁判長)は5日、1審山口地裁判決を支持、原告側の控訴を棄却した。改正法は憲法に違反せず、減額処分は適法と判断した。

原告側弁護士によると全国39地裁に起こされた同種訴訟は、これまでに判決が言い渡された30地裁で全て原告側が敗訴しており、2月の仙台高裁でも敗訴。控訴審判決は仙台に続き2例目。

令和2年11月の山口地裁判決は「給付面と負担面で世代間の公平を図り、年金制度の持続可能性を維持する目的で、著しく不合理とはいえない」と判断した。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」