ビッグボス就任会見一問一答

日本ハム・新庄剛志監督「背番号は1番つけま~す!」

サンスポ
爆笑会見は約1時間。「僕が1番をつけま~す」と新背番号も公表した(撮影・三浦幸太郎)
爆笑会見は約1時間。「僕が1番をつけま~す」と新背番号も公表した(撮影・三浦幸太郎)

日本ハム・新庄剛志監督(49)は4日、約1時間に及んだ就任記者会見で驚きの発言を連発。いきなりの〝らしさ〟全開で、近年明るい話題の少ないチームに強烈な光を差し込んだ。

(会見冒頭)

「(セネタース時代の)1946年、横沢(三郎)監督が第1代。21人目の栗山監督の次、22代目の監督として選ばれたことが非常にうれしく、(真顔で)また選手兼監督として契約してもらいました」

川村球団社長から即座に「いえ、監督だけです」とツッコまれ…。

「すみません、監督だけでした。今日はビシッと、監督っぽい格好で来ました」

-―今の心境は

「『僕でいいのかな』と思う反面、『僕しかいないな』と。バリ(島)で生活していて、日本ハムの調子が上がっていない3年間を見たときに『俺の出番だろう』と。日本ハムもプロ野球も変えていきたい」

-―プロ野球の印象は

「(新型)コロナの時代でファンが球場に足を運べなかったので、ちょっと暗かった印象はある。僕が帰ってきたからにはコロナはなくなり、球場は満員になりますよ。(真顔で)そういう運命なので」

-―日本ハムを、どこから変えていくのか

「気持ちの面ですね。プロ野球に入ってくる選手のレベルは、ほぼ一緒。ただメンタル的に問題があって」

--はい

「メンタル的なものに関して、僕はものすごく引き出す力があると思う。あとはチームに投手3人、野手4人のタレントを作り上げていけば楽しいチームになるし、全国(のファン)に名前も背番号も顔も覚えてもらえる。そのときは強くなっていると思う」

-―SNSで積極的に発信してきた。今後は

「僕、至らないことをよくあげる(SNSに投稿する)から。ルールを作ってもらって。今の時代、SNSはすごく大事。試合中にインスタライブとか、させてもらえたら最高。(球団と)話し合いを詰めていくので、また報告します」

-―現役復帰の可能性は

「あと1回、トライアウトを受けるチャンスがある。今、ちょっと考えています。あとは球団と話し合いたい」

-―北海道で食べたいものは

「『すみれ』のラーメン。僕の好きなマルセイバター(サンド)も食べたいし、『(味の)時計台』の味噌コーンバターラーメンも」

-―この日のファッションのポイントは

「新庄剛志自身がファッション。洋服のファッションは考えていないです」

-―背番号は

「僕のイメージは1番。1番をつけたいけど主役は選手。スター候補を育て、その子につけてもらいたい。その子たちが育つまでは僕が1番をつけま~す!(左手を挙げて)ありがとうございま~す! まずは僕がつけま~す!」

-―監督としての夢は

「全国のファンの力がものすごく大事。一人一人の笑顔を少しずつ増やしていけたら」

-―プロ野球を変えていきたいと

「ヒットを打たなくても点は取れるという、作戦面での面白さ。こんな、やり方があるんだと。僕たちが先に発信して、他の球団にまねされるような。選手には僕の考えを把握してもらって、ついてきてもらわないことにはできない」

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判