井上尚弥、元3階級王者・田中恒成を圧倒 12・14防衛戦へ公開スパーリング/BOX

サンスポ
初めてスパーリングを行った井上(右)と田中(代表撮影)
初めてスパーリングを行った井上(右)と田中(代表撮影)

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が4日、WBA8位、IBF6位のアラン・ディパエン(30)=タイ=との防衛戦(12月14日、東京・両国国技館)に向けて、横浜市の大橋ジムで元世界3階級制覇王者の田中恒成(26)=畑中=とのスパーリングを公開。実力者を相手に圧倒的な力を見せ、順調な調整ぶりを示した。

井上は自身と同じく世界3階級を制した実績を持つ田中と3分×4回、拳を交えた。

「良い緊張感をもらえた。お互い良い時期にスパーリングができた」

1回に田中の実力をはかると、2回はプレスを強め、頭をつけた接近戦に持ち込んだ。井上が左アッパーの3連発などを見せれば、田中は左フックを返す。ハイレベルな攻防を繰り広げた。3回には押され気味だった田中が自慢のスピードを披露したが、井上が華麗なステップで翻弄した。

井上は「やっぱりスピードが速い。今までやった選手の中で一番速かった」と語り、「恒成は自分のペースじゃなかったので、前に来るしかなかった」と振り返った。

先月29日のオンライン会見時にはまだ見ていなかった、挑戦者ディパエンの映像もチェック。この日の左アッパーの3連発について「ディパエンのスタイル的によく入ると思う」と予告した。

〝モンスター〟は約2年1カ月ぶりの日本での試合へ、万全の仕上がりをアピール。5日も田中とスパーリングを行う。(尾﨑陽介)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人