近代五種から馬術除外 五輪外し懸念し新種目の大胆改革

産経ニュース
東京五輪の総合馬術=8月
東京五輪の総合馬術=8月

国際近代五種連合(UIPM)は4日、1人の選手が水泳、フェンシング、馬術、射撃とランニングを行う現行方式から馬術を除外し、代替種目を検討すると発表した。2024年パリ五輪以降に採用し、28年ロサンゼルス五輪は新方式での実施を目指す。人気低迷で五輪の実施競技から外される可能性を懸念し、大胆な改革が必要だと訴えた。

東京五輪でドイツのコーチが馬をたたき、出場資格を剝奪された問題も影を落としていた。新種目は低コスト、輸送の負担軽減、都市型などの観点で検討する。英紙ガーディアンは自転車が導入されると報じていた。

近代五種は、近代五輪の創始者クーベルタン男爵が考案、五輪では1912年ストックホルム大会から実施されている。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判