声優事務所プロ・フィットが22年3月末に閉鎖、1月から移籍・独立を支援 岡本信彦は新会社設立へ

サンスポ
岡本信彦
岡本信彦

声優事務所、プロ・フィットが2022年3月末に「閉鎖」することを4日未明、公式サイトで発表した。

設立18周年を迎えたこの日、同社代表取締役の谷村誠氏が「プロ・フィットはプロダクションの根幹たる『責任あるマネジメント』を近い将来、所属声優に行う事が出来なくなってしまう為、プロダクション業務を2022年3月末に『閉鎖』する事を本日発表させて頂きます」と報告。閉鎖を決めた理由について「今後数年間、責任のあるマネジメントを行うには厳しい状況にマネジメント事業部が陥ってしまう事が確実になり、数年とはいえ未来ある声優の時間をプロダクションの都合で奪う事は出来ないと判断致しました」と説明し「責任あるマネジメントが出来る状況の内に『所属声優』また『スタッフ』全員に対してシッカリした引継をする為に、今回の『閉鎖』と言う決断をしたこと、また全ての責任は代表である私にあり、今までプロ・フィットを支えてくれた『所属声優』『スタッフ』には全く非が無い事をご理解頂ければ幸いです」と理解を求めた。

所属する声優については、22年1月から移籍・独立を支援し「『2022年3月末』までには100%の『所属声優』の移籍・独立を完遂したいと思っております」とし、その上で所属声優の岡本信彦(35)が新たにプロダクションを設立し、移籍のしづらい新人を全て受け入れると申し出てくれたことを明かした。現在、同社の声優養成所で勉強している生徒についても岡本が受け入れてくれるという。

また、現場マネジャー数名も若干名の声優とともにプロダクションを設立する予定だといい、「こちらのプロダクションと岡本信彦が設立致しますプロダクションは『業務提携』をさせて頂き、両社で所属声優たちの今後を支えてくれるとの事でした。現在弊社の系列会社であり私が代表を務めます音響制作会社の『サウンド・ウィング』も両社と友好関係を結び、微力ではございますが手助けが出来ればと思っております」とした。

最後に「今回の件は私が代表として力及ばず、所属声優、スタッフに対して本当に申し訳ない形になってしまい、また今まで『プロ・フィット』所属声優を応援してくださっていた皆様に対してもご期待を裏切る事になってしまい誠に申し訳ございません」と陳謝。「弊社で育ち、巣立っていく声優たちをこれからも変わらず応援頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します」とファンや関係者に呼びかけた。

プロ・フィットには岡本のほか、「鬼滅の刃」竈門禰󠄀󠄀豆子役の鬼頭明里や「魔法少女まどか☆マギカ」鹿目まどか役の悠木碧、ファイールズあい、石川界人ら人気声優が多数所属している。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は