日本の選択

衆院選、注目すべき3つの選挙区 共産と共闘で立民は「完全なる左派政党」と拒否反応 自民党の支持基盤も盤石ではない

zakzak
立憲民主党で選挙を戦った中村喜四郎氏
立憲民主党で選挙を戦った中村喜四郎氏

今回の衆院選を考える際に、注目すべき選挙区が3つある。

1つ目は茨城7区(古河市など)である。「無敗の男」と評される立憲民主党の中村喜四郎氏が小選挙区で敗れた。比例復活をしたとはいえ、長年にわたって無敗を誇った政治家が小選挙区で敗北した。

この理由は、中村氏が同党に入党した事実と無関係ではあるまい。「無所属であるならば中村氏を応援した」という人々も、共産党と一緒になって戦う立憲民主党に拒絶反応を示したのではないだろうか。「日米同盟を廃棄」し、「自衛隊を違憲だ(=解消)」と言い続ける共産党の主張には決して賛同できないという良識が、多くの日本国民にはある。

2つ目は京都4区(京都市の一部など)である。無所属の北神圭朗氏が、自民党の田中英之氏に小選挙区で勝利した。北神氏は「国家の重要性」「国民の歴史の重要性」を語る点において、保守主義の精神を有した政治家である。

選挙の際にも、北神氏は「反対ばかりの野党では駄目だ」「中国、北朝鮮が虎視眈々と日本を狙うなか、話し合いだけで解決できるはずがない」と安全保障の重要性を熱く語っていたのが印象的だった。自民党には満足できないが、立憲民主党には国政を任せたくないという有権者の思いが保守系無所属の北神氏に寄せられたとみるべきであろう。

3つ目は東京12区(豊島区など)である。ここは自民党の候補者がおらず、公明党の岡本三成氏が勝利したが、注目すべきは日本維新の会の阿部司氏である。阿部氏は、東京の維新の候補者で惜敗率が圧倒的に高く、比例復活を遂げた。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」