朝ドラの「震災」に意見も NHK「おかえりモネ」

産経ニュース
NHK(東京都渋谷区)
NHK(東京都渋谷区)

NHKの前田晃伸(てるのぶ)会長は4日の定例会見で、1日にスタートした連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」について、「(テーマの)ラジオ放送というのは、私みたいな年齢からすると懐かしく、改めてラジオの持つ特性を感じることができる」と期待を語った。「カムカムエヴリバディ」は、日本のラジオ放送開始の日に生まれた橘安子(上白石萌音=もね)とその娘、孫の3代にわたる百年の物語が描かれる。

一方、10月で終了した「おかえりモネ」について前田会長は、「東日本大震災から10年に、東北を舞台として人と自然のつながりや地域で生きることの意味を問いかけたドラマになった」と振り返った。「震災を扱って深刻なところもあり、朝からそんなことやるのかという意見もあった」と明かした上で、「朝ドラは明るくやればいいということではない。いろいろ試してみることだと思う」と述べた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」