虎将トーク

阪神・矢野監督は大山について「ちょっと今、また新しいことに取り組んでいる感じ」/練習試合

サンスポ
四回、適時二塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
四回、適時二塁打を放つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

(練習試合、阪神7-5大和高田クラブ、4日、甲子園)先発の阪神・西勇輝投手(30)は5回4失点で不安な内容。打線は大山悠輔内野手(26)が適時打を放ち、ジェリー・サンズ外野手(34)の本塁打が飛び出した。試合後の矢野耀大監督(52)の一問一答は以下の通り。

ーー西勇は打ち込まれたことや、5回で約60球など課題と収穫があった

「まあそうやね。ブルペンに投げにいっとったみたいやし。投げることの怖さはない感じに見えたから。それはプラスのところで。マイナスでいえばね、やっぱり芯でとらえられるところも多かったんで。普通に投げればそんなことは少ないので。ええピッチャーだと思うので。課題ができたと思って、登板に向けて準備してくれたらいい」

ーー経験も豊富。調整は本人に任せて

「本人に任せるしか、何も俺ができることはないし。うん」

ーー球数からいくと、次のステージ

「いや、球数は5回やから、俺らが調整できるとこじゃないんでね」

ーー近本は順調

「一通りできたしね。スライディングキャッチみたいなのもあったしね。守備も結構際どいのもあったし、ゴロで走るのも、見ている方が怖いなという感じはしてしまう。本人はそれなりにやりきれたんでね。明日は軽めにしながら、十分に1戦目のスタメンには使える準備はできたかなと思っています」

ーーオーダーに入ると、打線が活気づく

「それもあるしね。打点も挙げてもらいたいし、どういう状況でも右、左関係なく、どのピッチャーでもというね。今年の結果を見てもそうやし。相手から見ても、そういうバッターに映っていると思うんでね」

ーー近本は1番、大山は5番

「きょうの時点で話すことは別にないしね。それは考えます」

ーー伊藤将は中継ぎ待機か

「もちろん、将司は中に入れよかなって。3戦に関してはね。そう思ってます」

ーー外国人枠はあるがサンズが1発を放った。

「それも、総合的に考えて決めます」

ーー大山も状態が上がってきたのでは

「ちょっと今、また新しいことに取り組んでいる感じでね。練習でも手応え的にはあると思うし、打てるボールを打つというのは、はじめのランクで、いいピッチャーになれば、打たせてくれるボールは投げてくれないわけで、今日も3ボール1ストライクから打つのは別に、できるわけで。大事な場面で、大事な状況の中で、相手が打たさないという中で、どう打っていくかというのが、今の悠輔の課題だと思う」

ーー5日はかなりの数の選手が鳴尾浜に行くのか(練習試合)

「外国人と健斗とチカ以外は、嘉男か。以外は連れていこうと思っているけど」



  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病